2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひよこがにわとりになる瞬間


魚じゃ、包丁には勝てんわなぁ・・・・・。
スポンサーサイト
生命の躍動と赤子の心
解禁したとき。
そう、つまり靴下を脱いだとき、
それは奇跡と言うべきか、運命と言うべきか、私の心は踊った。

この足を洗える!
早く洗いたい!!

私は生まれたてのニセクロホシテントウゴミムシダマシのような感覚だった。
そして赤子を抱くように洗うのだ。
今日も頑張ったね、足、
明日はもっと楽しくなろうね、足。

私は明るい未来へと繰り出すのだった。

ごきぶりどり
全身からあふれる希望と命についての格言

やっぱ70過ぎの人がいいよなぁ。。。(猥談中に)


ごきぶりどり
本日のお言葉
香る足。
私たちはいつになったら慣れるのでしょうか。
彼らは混沌とした靴の中に乗じて、やってくるのです。

ある日ある人は言いました。
日々の努力によってその香りは愛に変わるのだと。
ある日ある人は言いました。
所謂それが日常になった時こそ、生きている実感を得られるのだと。
この言葉が示す言葉とはつまり
自分に落ち目を感じ、足の臭いを隠したりしないように。
また、独り布団で枕を濡らすことのないように。
と言う教えなのかもしれません。



ごきぶりどり。
本日の名言
それマスクが変な匂いがするんじゃなくて、お前の息が臭いんじゃね?
名言・格言。
朝日を浴びて、心の真を問いてみる。
嗚呼、このままで良いのであろうか、
嗚呼、なんということだろう。

愛しき時は嵐の風のやうに早く冷たく流れてゆくのである。
心の隅には愛しき時が此方をちらちら見ている。
貴方はいつやって来るのだろうか、 出会わないのてあれば知らずして
亡骸に堕ちてしまいたかったのに。
しかし神はそれを許してはくれなかった。
せっくすしたいんです。とりあえず。せっくすしたいんです。
心の声が口から思わずしても出てきてしまう。
酒に酔い、太鼓と三味の音に目も眩まず、せっくすしたいんです。
とりあえず。せっくすしたいんです。。
我々は認めなくてはなりません。
りんごちゃんのせっくすしたいという、気持ちの強さ、念、思いの重さを。
著:ごきぶりどり



そして彼の夢は叶わずして、人生に幕を降ろした。
そんな彼から、現在の私達が学ぶべき事、それは一つではないだろうか。
彼も生前よく口にしていた、「右手は恋人じゃないんだぞwwww」この言葉の意味する事はただ一つ


セックスは一人ではできないということ。
著:tairy fox



VIVA 大胸筋 VIVA 上腕二頭筋
VIVA 広背筋 VIVA 大臀筋
VIVA プロテイン VIVA サプリメント
VIVA 人生
著:Chintama


あ゛ー ぢょっと あ゛っつい茶ーしばいてくるわ。
著:カイザーXソゼ


昨日食べた枝豆が、そのままウ○コに紛れてケツの穴から出てきやがったんだ。
俺はその時確信したね。
永久機関は、可能なんだって。
著:りんごなの。


もしもし。
著:ごきぶりどり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。